MENU

あがり症を克服した人、それは私です。

人前に出るとどうしてあがってしまうのか...

 

「まただ...なんで、あがるんだろう...」

 

  • 人前で話をするときや、発表で自分の番になったとき

  • 筆記試験が終わって面接試験になったとき

  • 朝礼当番などでみんなの前で話をしなければならないとき

  • 結婚式でのスピーチや乾杯の挨拶

 

そんなとき私は、必ず緊張します。

 

そして、極度の緊張からカラダが小刻みに震えてきます。

 

その震えは声にもおよび、そして声の次第に上ずっていく...。

 

 

変な汗がドンドン出てくる感じ。

 

そして頭の中が真っ白になった感じになる。

 

そうこうしているうちに、気がつくと時間がたっている...。

 

どうして人前に出ると、必ずあがってしまうんだろう?

 

私はいつも、そう思っていました。

 

 

私は極度のあがり症でした

 

極度のあがり症がコンプレックスだとしたら、

 

あがり症を克服できたらどんなにいいことか...

 

と思ますよね?

 

◆人前に出ると超緊張してしまう


◆人前でスピーチをすると考えると、冷や汗が出てくる


◆人前で話をするときは全身の震えが止まらない

 

このようなあがり症状で苦しんでいるのは、実はあなただけではありません。

 

だって、私も極度のあがり症でしたから!

 

でもですね、私だけでなく実は多くの人が

 

私、あがり症で...

 

と心の中であがり症の悩みを抱え続けているんです。

 

 

あがる原因とは?

 

私自身が極度のあがり症でしたから、いつも考えていました。

 

  • どうして人前に出るとだと、必ずこんなにあがってしまうんだろう?

 

そうです、私は人前に出ると必ずあがるんです。

 

 

私が人前に出るとあがる理由...何だったと思いますか?

 

 

......

 

 

 

......

 

 

 

 

それまでいろいと考えてみたんですけど、思い当たるフシが一つだけありました。

 

 

それは、緊張していると思われたくない、見られたくないということ。

 

 

つまりカッコつけているというか、

 

自分を少しでもカッコよく見てもらいたい

 

という自我意識が強すぎるんじゃないかと。

 

 

あがり症は克服できる?

 

あがり症は克服できます。

 

あがり症って、あることをキッカケに克服できます。

 

そしてそれは、実に些細なことです。

 

 

私がそうでした。

 

あることに気がついて、そのことを自分で受け入れた時にあがり症を克服できました。

 

 

もちろん極度のあがり症だった私ですから、

 

「じゃあもう今は、全然人前でもあがらないの?」

 

と聞かれたら、答えはNOです。

 

 

ようやくあがり症を克服できた人だ、私は!と思っている今でも...実は緊張はします。

 

軽くカラダも震えます。

 

絶対にあがらなくなる!ということではナイんです、私の場合は。

 

 

でもですね、

 

  • 人前で緊張しすぎて、言葉が全く出てこなくなる

 

ということや、

 

  • 人前に出ると、頭が真っ白になるってパニクる

 

ということは、一切なくなったんです。

 

これって、私自身にとってはスゴイことなんです。

 

 

あなたのあがり症は克服できる?

私はあることに気がついたおかげで、あがり症を克服できた人だと自分で思っています。

 

 

私は、極度のあがり症でした。

 

それでも何とか、あがり症を克服した人だと自分で感じています。

 

そして私の他にも、あがり症を克服した人がたくさんいます。

 

 

>必見!あがり症でも面接で緊張しない、誰でもできるあがり克服法

このページの先頭へ